松山市で個人再生を弁護士・司法書士に相談する

松山市在住の方が借金返済について相談をするならこちら!

借金の利子が高い

松山市で債務・借金などの悩みを相談するならどこがいいのか、決められないでいたりしませんか?
どうせ相談するなら、優秀な弁護士・司法書士のいる法律事務所や法務事務所を選びたいですよね。
ここでは、インターネットで無料相談出来る、オススメの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
松山市にお住まいの方にも対応していますし、相談は無料なので安心できます。
いきなり直接相談するのは少し不安、とりう人にもおすすめです。
債務・借金返済のことで困ってるなら、まずは司法書士や弁護士に相談して、解決への道を探してみませんか?

個人再生・借金の相談を松山市の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

松山市の債務や借金返済問題の相談なら、コチラの事務所がオススメです。
弁護士対応で、全国対応の法律事務所です。
初期費用が無料なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払は、分割払いも可能。
相談料ももちろん無料!
借金の督促をSTOPするのもできます。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、借金や債務について相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話代金0円)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、過払い・債務の問題を相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分にピッタリの方法で借金問題を解決に導きます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から支払できます。
任意整理においても、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口もあるので、女性の人も安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

松山市在住の人が債務整理や借金の相談をするなら、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットを使った借金解決のための診断ツール。
とても簡単な質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、少し不安。
そんな方にもピッタリです。
しかも、無料&匿名で使えます☆
全国に対応しているサービスなので、松山市に住んでいる方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国対応!
借金・債務の悩み、無料&匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の松山市周辺の司法書士や弁護士の事務所紹介

松山市には他にも複数の司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●高藤寛土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市宮田町188-8
089-933-2022

●JOネットワーク(司法書士法人)
愛媛県松山市山越5丁目14-28
089-924-0400
http://jo-net.or.jp

●浅井輝夫司法書士・土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市朝美2丁目7-12
089-922-8322

●弁護士法人たいよう松山事務所
愛媛県松山市大手町1丁目11-1 愛媛新聞・愛媛電算ビル 3F
089-907-5601
http://taiyo-lawoffice.com

●佐藤法律事務所
愛媛県松山市 喜与町二丁目3-8 第3岡崎産業ビル2階
089-907-2780
http://ks-law.jp

●松並司法書士土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市美沢2丁目7-6
089-917-8883

●(有)税経不動産鑑定
愛媛県松山市味酒町2丁目3-28
089-931-3744

●鶴田勇司法書士事務所
愛媛県松山市保免西1丁目3-9
089-973-6663

●伊佐岡彌一司法書士土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市森松町220-9
089-970-3898

●佐藤裕三司法書士事務所
愛媛県松山市宮田町188-8
089-947-5751

●久保田照邦司法書士事務所
愛媛県松山市味酒町2丁目13-30
089-943-4569

●アーバン・木下法律事務所
愛媛県松山市歩行町1丁目4-1
089-932-3829

●高橋直人法律事務所
愛媛県松山市二番町2丁目8-18
089-915-1622

●愛媛弁護士会
愛媛県松山市三番町4丁目8-8
089-941-6279
http://ehime-ben.or.jp

●泉川孝三土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市湊町7丁目1-22
089-941-4024

●宇都宮法律事務所
愛媛県松山市歩行町1丁目8-3 歩行町ビル 4F
089-946-0604

●はるか愛媛支部愛媛松山法律事務所(弁護士法人)
愛媛県松山市千舟町5丁目5-3
089-907-3760

●真木啓明法律事務所
愛媛県松山市大街道3丁目1-4 日本生命大街道ビル 3F
089-933-4141

●久保善行司法書士事務所
愛媛県松山市大手町2丁目1-1
089-932-1939

●酒井・森本・橋法律事務所
愛媛県松山市三番町4丁目7-7 愛媛汽船ビル5階
089-933-0119
http://ameblo.jp

松山市にある地元の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に松山市在住で参っている方

クレジットカードの分割払いや消費者金融等は、高額な金利がつきます。
15%〜20%もの利子を払う必要があります。
住宅ローンの金利は年間0.6%〜4%ほど、自動車のローンの金利も1.2%〜5%(年間)ほどですから、ものすごい差があります。
そのうえ、「出資法」をもとに金利を設定するようなキャッシング業者だと、金利0.29などの高い金利をとっている場合もあるのです。
かなり高い利子を払い、しかも借金は増えていくばかり。
借金を増やしたのは自分の責任なので仕方ないですが、高い利子で額も多いという状態では、返済するのは辛いものでしょう。
どうやって返済すべきか、もはや当てもないのなら、法務事務所や法律事務所に相談するしかありません。
弁護士や司法書士なら、借金を返す解決策をきっと見つけ出してくれるでしょう。
長期返済の計画かもしれないですし、過払い金を請求して返す額が減るかもしれません。
まずは相談、これが解決のための第一歩です。

松山市/債務整理のデメリットって?|個人再生

債務整理にも様々な手法があって、任意でクレジット会社と話しする任意整理と、裁判所を通じた法的整理である個人再生・自己破産などのジャンルが在ります。
じゃあ、これ等の手続につき債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これらの3つの手口に同じように言える債務整理のデメリットとは、信用情報にそれ等の手続きを行った事が掲載される事です。世にいうブラックリストと呼ばれる状況に陥るのです。
としたら、おおよそ5年〜7年位の間、クレジットカードがつくれなくなったり又借入れができない状態になるでしょう。しかし、あなたは返済金に日々苦しんでこの手続をする訳なので、もう少しは借金しないほうが良いのではないでしょうか。じゃカードに依存し過ぎる人は、逆に言えば借り入れができない状態なる事によって不可能になる事により助かると思われます。
次に自己破産、個人再生の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続を行ったことが載るという事が上げられます。だけど、あなたは官報等視た事があるでしょうか。逆に、「官報とはどんなもの?」といった方の方が多数じゃないでしょうか。
実際、官報は国が発行する新聞に似た物ですけれど、貸金業者等々の極僅かな人しか見ません。ですから、「破産の実情が周囲の人に広まる」などといったことはまずありません。
最後に、破産独特の債務整理デメリットですが、1度破産すると7年間は二度と自己破産できません。そこは十二分に用心して、2度と自己破産しなくてもいいようにしましょう。

松山市|自己破産のリスクってどんなもの?/個人再生

はっきし言って社会一般で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。土地・高価な車・マイホーム等高値のものは処分されますが、生活する中で必ず要るものは処分されないのです。
又20万円以下の預貯金は持っていていいのです。それと当面の数箇月分の生活費用が百万未満なら没収されることは無いのです。
官報に破産者の名簿として記載されますがこれもごく僅かな方しか見てません。
また俗にいうブラック・リストに掲載されて七年間くらいの間ローンやキャッシングが使用キャッシングまたはローンが使用出来ない情況になるが、これはしようが無いことです。
あと定められた職種に就職出来なくなる事も有ります。けれどこれも極僅かな限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返す事が不可能な借金を抱えているのならば自己破産を実施すると言うのも1つの手法なのです。自己破産をすれば今までの借金が全て帳消しになり、心機一転人生をスタートすると言うことで利点の方がより多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士・司法書士・弁護士・税理士等の資格は停止されます。私法上の資格制限とし後見人や遺言執行者や保証人にもなれないです。また会社の取締役などにもなれないです。けれどこれらのリスクはおおよそ関係がないときが多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物じゃないはずです。