◇◇◇


■■■■■■■■■■


Ulf Wakenius
 ウルフ・ワケーニウス
 Guitar
◇◇◇


ギター奏者。1959年イェーテボリに生まれる。

現代スウェーデンで最も国際的な活躍をしているジャズ・アーティスト。オスカー・ピーターソンが、現代最高のギター奏者と絶賛しているギター奏者である。

80年代は主にペーテル・アルムクヴィストとのギター・デュオ・グループ『ギターズ・アンリミテッド』で活躍し、80年代後半に結成した自己のフュージョン・グループ『ウルフ・ワケーニウス・グループ』では、キーボードがラーシュ・ジャンソン、ベースがラーシュ・ダニエルソンというスーパーバンドで高い人気を得た。ハービー・ハンコック、レイ・ブラウン、ジョー・ヘンダーソンらとヨーロッパで共演。

90年代に入ってからは、デンマークの生んだ世界的ベース奏者、ニールス・ヘンニング・オルステッド・ペデルセンのトリオにギター奏者として迎えられた。
96年のアルバム『Dig In』(SITTEL)で頭角を現し、彼の存在が日本のファンにも知られるところとなり、翌97年に発表したソロ・アルバム『Enchanted Moments』(DRAGON)は、ジョン・マクラフリンに絶賛され注目を集めた。
その後、レイ・ブラウン・トリオのCD作2枚にもゲスト出演し、ここ数年はオスカー・ピーターソン・カルテットのレギュラーメンバーとしても文字通り『世界を股にかけた』活躍をしている。

■■■■■■■■■■


15thに参加。