◇◇◇


■■■■■■■■■■


Lars Jansson
 ラーシュ・ヤンソン
 Piano/Composer
Web Site
◇◇◇


1951年スウェーデン生まれ。7歳より ピアノを始める。
70年にイェーテボリ大学歯学部に入学、歯医者を目指すが、72年、音楽への情熱を棄て難く同大学音楽学部に編入する。
74年に同行を卒後、75年ノールウェーのアリルド・アンデルセ ン・グループを皮切りに、数々の北欧のトップグループに参加。
79年トリオを結成。
87から88年、ヤン・ガルバレック・グループに参加し、世界各地でコンサート活動を行う。
90年には、スウェーデンの優秀なジャズミュージシャンに与えら れるヤン・ヨハンソン音楽賞を受賞。その他にも、数々の賞を6回受賞している。またこの年には、当時スウェーデンに在住のジャズベース界の巨匠、米人ベース奏者、レッド ・ミッチェルのトリオにも参加。
98年、デンマーク政府の要請により、デンマーク初のミュージックプロフェッサーに就任。現オールヒュス国立音大教授。
ウデバラ市の500年記念にビッグバンドとピアノトリオのための組曲「ウデバラ500年」を作曲。CDはスウィング・ジャーナル誌で5つ星を得る。
95年11月、スウェーデン在住のベース奏者、森泰人と初来日。
96年11月にはセシル・ノールビーと東京、大阪、福岡のブルーノートに出演。 99年以降は、毎年、アンダーシュ・シェルベリ、森泰人とのトリオで『森泰人スカンジナビアン・コネクション』のツアーの為に来日、各地で大好評をおさめる。
2000年秋にスウェーデン、イモゲーナ・レーベルより新譜を発表。また、米国の名門音楽大学イーストマン音楽院の客員教授としてビッグバンドとマスターコースの指導にあたる。
2001年10月には、ボーヒュスレン・ビッグバンドとも来日している。 昨今の北欧ピアニスト・ブームの火付け役として、揺るぎない人気を獲得している。

■■■■■■■■■■


10th、17th、20th、25th、32thに参加。