◇◇◇


■■■■■■■■■■


Ewan Svensson
 エーヴァン・スヴェンソン
 Guitar
Web Site
◇◇◇


ギター奏者、作曲家。
1950年8月11日,イェーテボリ郊外のSurteに生まれる。10歳の時にはじめてガットギターを手にする。60年代初頭当時、スウェーデンでも徐々にロックグループが人気を持ち始め、来日経験もあるスウェーデン・イェーテボリのスプートニクスをはじめ、英国のシャドウズ、ビートルズ、ローリングストーンズ等、英国のポップ・ロックバンドの洗礼を受け、12歳の時にエレキ・ギターを始める。数年後にはジミー・ヘンドリックスやピーター・グリーン、マイク・ブルームフィールド等、ブルース系ギター奏者達にも感化を受ける。60年代後半から70年代中頃まで、数多くのポップ・ロック、ブルース系のイェーテボリを中心にした地元バンドに在籍し活躍する。70年代初頭、バニー・ケッセルのギターを聴いた事が切っ掛けとなりMiles Davis、JohnColtrane 等、本格的にジャズを聴き始める。75年代にマルメ音楽大学に進み、作曲法、編曲法、オーケストレーション等を本格的に学ぶ。在学中、自己のグループ「アルバトロス」を結成。その後、のグループの変遷を見ると下記の様になる。
・83年 初代トリオ「Ewan Svensson Trio 」(ステファン・ベルネス・マグヌス・グラン)結成。
・84年 トリオにピアニスト・ハーラルド・スベンソンを迎えて、初代カルテットを結成。
・85年頃から90年初頭 シェル・リングストゥルムとのギター・デュオ ・86-92年 「クリスタル・イーグル」に参加。スカンジナビアン・コネクションにも参加し来日経験もあるサックス奏者、ウルフ・アンダーションのグループ「クリスタル・イーグル」にラーシュ・ヤンソン、クリスチャン・スペーリング、マグヌス・グラン、と共に参加。
・88年 ポーランドを代表するサックス奏者ゼヴェニエヴ・ナミスロヴスキー(Zvegniew Namislowskis)カルテットに参加。欧州を中心に数多くのツアー、ジャズフェスに参加。
・90-03年 サックス奏者・オーベ・インゲマールソン を自己のカルテットに迎える。
(エーバン・スベンソン、オーベ・インゲマールソン、マッツ・ニルソン、マグヌス・グラン)
・90年 KeithJarrettの北欧カルテットのパッレ・ダニエルソンをベースに迎え、新トリオ結成。
・93年 森泰人をトリオのベーシストとして迎え新トリオを結成。
・96-01年 自己のトリオに、北欧を代表する名ギター奏者ルネ・グスタフソンを迎えたカルテット「アブソリュート・ジャズギター」を結成。
・98年-00年 自己のカルテットに弦楽四重奏を加え、「ミーティング」を結成。 ・04年 Antoine Herveをピアノ奏者に迎えEwan Svensson New Quartetを結成。 ・05年 上記のカルテットに歌手・リンダ・ペターソンを迎え、自己の楽曲を歌曲として録音。
自己のグループ以外にもボーヒュスレーン・ビッグバンドの依頼でマリア・シュナイダーやケニー・ウィーラー等と共演したり、スウェーデンの人気タレント兼ドラマー、ヤン・ロッフェ・カールソン・バンドでも活躍している。
1995年以降、ファルケンベリ・ジャズ・フェスティバルの音楽監督に就任。現在まで10回、同地でのジャズフェスの発展に寄与している。フェスティバルでの共演者はトゥーツ・シールマンス、アート・ファーマー、スコット・ハミルトン、ボブ・バーグ等、数多くのゲスト・プレーヤー達と共演している。またジャズ演奏家として活躍する傍ら、市立ファルケンベリ音楽学校で教鞭を取り、毎年行われる夏期サマーコース森含めて後輩の育成に大きく貢献をしている。
2003年12月、スウェーデン王立音楽アカデミーより、貢献のあった音楽教育者として表彰され、国王より表彰状を授与された。1998年秋、Ewan Svensson Trioは、 Ove IngemarssonとUlf Anderssonを伴って第4回スカンジナビアン・コネクションにも参加している。米国のジャズラジオでも特集を組まれる等、国際的に活躍しているスウェーデンを代表するギター奏者。スウェーデン・ファルケンベリ市在住。

■■■■■■■■■■


27thに参加。