◇◇◇


■■■■■■■■■■


Caelsten Dahl
 カーシュテン・ダール
 Piano
◇◇◇


1967年10月3日、デンマークの首都、コペンハーゲンに生まれる。5歳の頃から、父のモーツアルト、ハイドン等のレコードコレクションを通じて、クラシック音楽に親しみ、CHTOLという鍵盤付きの家具で鍵盤を演奏する事に親しみ、8歳の頃から本格的にドラムスを習い始めた。

既に14歳の頃からスタジオ・ミュージシャンとしてプロ活動を始め、18歳の時には、王立音楽院打楽器科に入学。オスカー・ピーターソン・トリオで活躍したドラム奏者、エド・シグペンに師事。

19歳の年にピアノ科に移るが20歳の年には、仕事が多すぎる事も有り中退。デンマークに於けるピアノ奏者としての地位を確立する。24歳の年には、王立音楽院にアシスタント・プロフェッサーとして迎えられ、それ以降は、王立音楽院を始めデンマークの音大で教鞭も執る事になる。

エド・シグペン・トリオ、マッツ・ウィンディング・トリオ、パレ・ミッケルボリ、セシル・ノービーを始め、現代デンマークのトップ・グループで活躍し、自己のトリオ作品も数多く発表している。 バッド・パウエルに捧げた97年に発表されたトリオ作品では、バッド・パウエル風の演奏で話題になる。

また、現在の彼のトリオは、ノルウェーのベースの重鎮、アリルド・アンデルセンをコントラバス、パトリース・ヘーラルをドラムスに迎へ、彼自身もピアノをはじめ、マリンバや打楽器類を演奏した素晴らしい作品を発表して高い評価を受けている。またベン・ウェブスター賞(97年)を始めJazzpar Combo (2000), Jasaprisen(2002) 等、これまで数々の賞を受賞したりノミネートされている。

最近のカーシュテンは、ソロ・ピアノ活動にも重点を置いて活躍し、ジャズ・ピアニストとしてのみならず、映画音楽の作曲も行い、ピアノから打楽器まで、ベースとトランペット以外は、全て自ら演奏もしている。海外へのツアーも多く欧州各国を始め、米国、ロシア、南アフリカ、アイスランド等でも演奏活動をしている。

ヨン・クリステンソンやニルス・ヘンニング・ペデルセン等の北欧のトップ・プレーヤー達は元より、ジョニー・グリフィン、ジェームス・ムーディー、ウィントン・マルサレス、ジェリー・ベルゴンジ、ジョー・ロバーノ等の海外からのプレーヤー達とも、数多くの録音セッションやツアーを行っている。デンマークの誇るトップ・ミュージシャンである。

代表作には日本でも話題になったカトリーン・マッズセン&エド・シグペントリオ『You are so beautiful』、 マッツ・ヴィンディング・トリオの『Six Hands, Three Minds One Heart』、カーシュテン・ダール・トリオ『Message from Bud』,『Will You Make My Soup Hot and Silver』、カーシュテン・ダール・ソロ『Butterfly Dream』等がある。

■■■■■■■■■■


15thに参加。