◇◇◇


■■■■■■■■■■


Anders Persson
 アンダーシュ・パーション
 Piano
Web Site
◇◇◇


国立インゲスンド音大専任講師、国立オーレブロー音大講師
1958年スウェーデンのイェーテボリに生まれる。
80年代の初めからスウェーデンのジャズシーンで活躍するようになる。
83年、国立イェーテボリ音大卒。
81年から83年頃、イェーテボリに一時在住していた、シダー・ウォルトンやマイルス・デイビス、最近ではチック・コリアのグループで有名なサックス奏者ボブ・バーグのスカンディナビア・カルテットに参加。
80年代半ばからは、北欧を代表するトランペット奏者アンダーシュ・ベルクランツのカルテット、スウェーデンで人気の高いグループ"ENCORE"を初め数多くのグループやセッションに参加。
80年代後半からは、スティーナ・ノーデンスタム(日本では、ポップ系の歌手として有名)、リーナ・ニーベリ、マリー・ベリマン等、スウェーデンのトップ歌手達の数多くのレコーディングにも参加しており、その抜群のバッキングのセンスの良さは有名である。
特に、ビル・エバンスを彷彿とさせるリリカルで美しい一面と、ハンコックの持つ力強い一面を併せ持つ彼独特のピアノスタイルは、トム・ハレルやボブ・バーグを初めとする多くのトッププレーヤー達の絶賛を得ており、彼の人気と実力は、これまでに4回もスウェーデン・ジャズディスク大賞(Jazz i Sverige)を獲得したという実績が、証明するものである。

■■■■■■■■■■


29th、33thに参加。